PERSON先輩紹介

「教えてもらいやすい環境」でステップアップ

ロードアシスタンス第1部 アシスタントスーパーバイザー

木次谷 祐里菜

2015年入社

入社後1年半で教える立場も経験するように

高校卒業後に入社し、ロードアシスタンスサービスのコミュニケーターとなりました。この業務では、ロードサービスの知識に加え、お電話の向こう側にいらっしゃるお客さまの状況を、声の様子から察することも求められます。高速道路上でパンクして性急なご様子でしたら少しでも時間を短縮できるようにしますし、ご年配の方の場合にはゆっくりとした口調でご説明するようにします。
上司や先輩社員の方々から多くを学び、入社から約1年半で、新人研修におけるOJTを担うようになりました。マンツーマンでのOJTで教える力も身についたと思います。

2020年4月からはコミュニケーター全体を管理していくスーパーバイザー(SV)研修が始まりました。座席の間を巡回し、30~40名いるコミュニケーターの様子を確認しながら、質問に対してアドバイスを行っています。部署のメンバーとは、休憩時間もコミュニケーションを取り、困ったときでも質問してもらいやすい環境づくりにつなげています。

私自身、わからないことがあれば上司の判断を仰ぎ、その知識や経験を吸収できるように心がけています。「教えてもらいやすい環境」があることも、ステップアップしやすい理由かなと思っています。

女性が働きやすい環境であることを伝えていきたい

生後4カ月から利用可能な託児所が社内にあるなど、女性がとても働きやすい職場だと感じています。私は2019年1月から20年3月まで産前産後休暇、育児休業を取得し、時短勤務後、8月から現在のラウンド業務*が始まりました。育休中は復帰に不安もありました。同期はすでにSVになっていますし、ブランクがあってどうなるか心配だったのです。そうした気持ちを含めて率直に上長に相談したところ、現在の働き方に挑戦することを勧めてもらえました。フルタイム勤務となっても、託児所が社内にあるおかげで安心して仕事に集中できています。

私自身はいろいろな方と楽しく話せるタイプなのですが、コミュニケーターの新人の中には一人で思い悩む方もいます。そういった人に対するメンタル面のケアを担い、支えられるようになっていければと思います。

今後は子供の成長に合わせて忙しくなると思いますが、仕事上も責任者として成長したいですね。皆さんが働きやすい環境も作っていきたいですし、女性の方も多いので、子育てをサポートする制度が充実した当社の働きやすさをもっと、伝えていくことができればと思います。

* 座席の間を巡回し、コミュニケーターの様子を確認しながらフォローを行う業務

PROFILEプロフィール

ロードアシスタンス第1部 アシスタントスーパーバイザー

木次谷 祐里菜

2015年入社

2015年4月入社。普段から休憩室などコミュニケーターとは積極的にコミュニケーションを取るようにしている。託児所にお迎えに行った瞬間にお母さんの顔に戻る。

DAY CHART一日の流れ

7:30
出社
子どもを託児所に預けます。
7:45
社内メールのチェック
業務が始まる前に、連携事項を確認しています。
8:00
業務開始
SVとしてラウンド業務を始めます。
困っているコミュニケーターからの質問に答え、アドバイスをしていきます。
10:30
休憩
10分の休憩時間です。日常の会話から何か悩んでいないかなどにも気づけることがあるので、皆とコミュニケーションを図るようにしています。
12:00
ランチ
同僚と会社の休憩室もしくは外でランチを取ります。
休憩室には200円で購入できる冷凍食品もあります。
13:00
業務再開
午後になって入電数が増えてきました。お客さまをお待たせすることがないよう、コミュニケーターとして受信業務を中心に行います。
16:00
業務終了
メールをチェックした後、業務を終了します。
16:30
退社
託児所に子どもを迎えに行き退社します。子どもに会った瞬間、働く自分から家庭の自分に戻ります。家族との大切な時間です。
PAGE TOP